忍者ブログ
芸能人や有名人とがん・ガン
  
 ブログ内検索 
 カレンダー 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 プロフィール 
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
 バーコード 
 アクセス解析 
[1]  [2]  [3]  [4
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バブル期に活躍した山田邦子さんは乳がんで手術を受けたことを公表していました。

あの元気な邦ちゃんが?という感じもしますが、年齢的には40代後半から50歳に当てはまるので、乳がんになる可能性のある年齢でもあります。

山田邦子さんは乳がんについては早期発見だったと前向きに捉えていたのか、それとも苦悩を見せないのか、淡々と状況を語っていました。

現在は山田邦子さんは乳がんに関しての講演を行ったりと、直接触れ合う仕事をしているそうです。

PR
梨元勝さんはガンが発見された検査の受診するきっかけは咳が止まらなかったことからなのだそうです。

がんは一般的には体に症状として出た時にはいくらか進行している状態とも言われるので、梨元さんが診断された時にも現実は進行は進んでいた状況だったのでしょうかね。


咳が出る場合には結核なども考えられますが、咳が続く場合と言うのは何か病気なのかもしれないと疑った方がいいのかもしれませんね。

がんと診断されて3ヶ月で亡くなるとは思いもしませんでしたね。

亡くなる前までツイッターなどでコメントを書き込んでいたそうです。

梨元勝さんが死去したニュースが一部スポーツ紙で報じられ、その後それが事実であることが公表されました。

梨元勝さんは芸能レポーターとしていつの時代にも必ずテレビで見かける人だっただけに、梨元勝さんがいないことが不思議で違和感を感じるものです。

梨本勝さんは6月に肺がんであることを公表していましたが、手術を行わずに放射線治療を受け、発覚してからはずっと入院していたそうですね。

そういうことを踏まえると宣告された時点で厳しかったのかもしれません。

肺がんになった場合には死去するニュースも他のがんに比べると多いようにも感じます。

キャシー中島さんの娘さんもそうでしたしね。

平成になる十数年前の1970年代にも活躍し、昭和から平成へ変わった時も、日本がバブル期に入って芸能界も様変わりし、華やかになった時にも、常に梨元勝さんがテレビに出ていた印象です。

梨元さんは視聴者、見る立場の人々を重視していただけに、取材は深く追求していたようです。



歌手の桑田圭祐さんががん手術を受けましたが、順調に回復しているそうですね。

術後すぐに室内を歩き回れるほどになったのだとか。

以前のがん手術では術後は数日、数週間は寝たまま、動き回れないほどやはり大手術というものが多かったそうですが、今は体への負担は以前よりも少なくなってきているのだそうです。

がんの場合は再発、転移などが気になるところでしょうかね。

桑田圭祐さんは2000年代は40代、1990年代は30代、涙のキッスや愛の言霊を歌っていた頃はまだがんとは無縁と言ってもいい年齢でしたが、その桑田さんがもうがんになる年齢になったのかと思うものですね。

俳優の石原裕次郎さんは肝臓がんで死去していますね。

1987年に死去ということで、平成は生きてはいない生粋の昭和の俳優ということになります。


やはり石原裕次郎さんの姿を見ると昭和の面影、昭和のシーンが思い浮かぶものです。

石原裕次郎さんは30年間の芸能活動でしたが、テレビ出演よりも映画がメインです。


石原裕次郎さんは生活が荒れることもあったようですが、兄の慎太郎さんは闘病の弟を見てきたためか、健康には気を使っている様子ですね。

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]